LINK
年が明ける2014年は、第22回の冬季五輪がロシア・ソチで開催されます。 一人の超ベテランのスキージャンプ選手に注目しています。 札幌市に本社のある住宅メーカー、土屋ホームの選手兼任の葛西紀明監督です。 41歳の現役選手で、ソチ五輪に出場すると、7度目の五輪になります。 数々のワールドカップの優勝歴もあり、41歳の今でも国内トップ選手の地位を 維持しています。ところが、五輪でのメダルはありません。 本人も「オリンピックでメダルを取るまでやめられない」と現役に強いこだわり を持って、7度目の五輪出場を狙っています。 チームを指導し、マネジメントしながら自分自身の技術も磨くなど、まさにスー パーな活躍を見せています。精神力の強さと衰えることのない探究心は、若手の 生きた教科書にもなっています。 北海道の東海大四高校を卒業後、2度の所属先スキー部の休廃部を乗り越えた苦 労人でもあります。ぜひ、メダル獲得をしてもらいたいです。そう思っている人 は大勢います。